便秘茶は便秘改善はあるけど下痢になる?

便秘を改善したい時、食物繊維を摂ったり乳酸菌(ヨーグルトなど)を摂ったりして努力は一応しますよね。
でも、食事に気を使う事は意外と面倒だったりします。

 

となると、便秘薬や便秘茶を使って手軽に便秘改善しようと知る人は多いもの。
でも便秘薬は効き目が強そうだし、薬という文字で何となく使いにくさを感じます。
便秘茶ならどこでも購入できるし、安いしお茶だし効き目も強くなさそうと思って便秘茶を使おうと思う人は多いと思います。

 

 

お茶だからと言ってあなどるべからず

ただし、「お茶だから手軽だし」と言って安易に便秘茶を使うと思わぬ落とし穴が潜んでいます。

 

それが、効きすぎて下痢になるということ。便秘茶を購入する時、または購入した便秘茶の原材料の中に「センナ」「キャンドルブッシュ」「センナシド」という記載があったら要注意です。

 

センナは古くから下剤として使われてきた植物で、茎以外の部分は医薬品として扱われています
お茶などの食品に含まれるセンナは茎の部分で、茎は食品扱いになっています。

 

センナに含まれるセンノシドという成分が下剤の効果を持っており、食品扱いの茎にもセンノシドは含まれています。
また、キャンドルブッシュという植物にもセンノシドは含まれていますが、食品扱いのため多くの便秘茶に使われています。

 

キャンドルブッシュは「ゴールデンキャンドル」「カッシーア・アラタ」という別名を持っています。
これらを含むお茶は、ほぼ下剤と言っていい物で、効き目が強力な分、下痢や腹痛を起こす方もいるので注意が必要です。

 

 

効果は必ず出る

センナやキャンドルブッシュを含む便秘茶は、必ず効果は出ると言われています。
私の効果はこちら参照(⇒美爽煌茶の口コミと効果@便秘っ子が1ヶ月お試し

 

体に害はないものの、便秘改善が出来ても苦痛がセットになっていては辛いので、センナやキャンドルブッシュを含む便秘茶は、薄めたり飲む量を減らす事で飲むのがおすすめです。

 

自分に合った飲み方を見つけると、便秘改善に役立つものです。
センナやキャンドルブッシュを含む便秘茶は効果が強いので、頑固な方にはおすすめです。

 

 

お役に立てましたら、シェアしてください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



美爽煌茶口コミ効果 トップへ