便秘茶による下痢は便の未完全が原因

便秘茶を飲んで理想的な便(いわゆるバナナ便)が排出出来る人はどのくらいいるでしょうか。
便秘茶を使うと便が緩くなったり(軟便)、ほぼ下痢の状態のなる人もいるのではないでしょうか。

 

便秘に悩む人にとっては便が緩くても下痢でも出てくれれば、と思っているでしょう。しかし、軟便や下痢が続くと便は出ても辛いものです。
そもそも下痢はお腹の中がどうなって起こるのでしょうか。

 

 

下痢は便の水分過多

便に含まれる水分は60%〜70%と言われています。
これよりも少し水分が多くなると軟便に、水分が90%を超えると下痢になります。

 

小腸や大腸は食事に含まれる水分や飲料水、消化する際に分泌される消化液など多くの水分を吸収し、便は固形物となります。
主に小腸で吸収されますが、残った水分は大腸で吸収されます。

 

ところが大腸が何らかの異常が原因で水分を吸収できないと、その水分は便に取り込まれ水分の多い便(下痢)となるのです。

 

大腸の異常とは

水分を吸収しない大腸の異常は細菌や毒素、病などの他に浸透圧の高い食べ物の摂取があります。
浸透圧の高い食べ物とは水分を吸収しやすい物で、主に炭水化物です。浸透圧の高い食べ物を食べ過ぎると大腸は水分を吸収しにくくなるのです。

 

それから急に大腸のぜんどう運動が活発になると、大腸が水分を吸収する前に排便されるので下痢になります。

 

便秘茶によって下痢になるのは腸のぜんどう運動を促す事で水分の多い便になり、下痢になるのです。(便秘茶は便秘改善はあるけど下痢になる?
まだ便として排出できない状態で出されてしまうので、水分の多い未完全な便なのです。

 

下痢でも出てくれればと思って続けていると、逆に出なくなる事があります。
体が便秘茶の効能に慣れてしまうため、腸が動かなくなってしまうのです。
そうならないためには、便秘茶の飲み方を工夫する必要があります。

 

私は便秘茶の特に濃度には気をつけました。よければ下記を参考にしてみてください。

 

 

関連記事

美爽煌茶の副作用?「下痢になった」をこうして克服!

 

 

お役に立てましたら、シェアしてください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



美爽煌茶口コミ効果 トップへ