全ての人が飲める便秘茶は○○の葉を使ったもの!

数多くの便秘茶が販売されていますが、妊娠中や授乳中、子供は控えるよう記載されているものが多いです。

 

その理由はセンノシドという下剤成分が入っているからです。
センノシドはセンナやキャンドルブッシュに含まれていて、強い下剤効果のある成分です。
そのため、センノシドを含む便秘茶は腹痛や下痢を起こしやすい事から飲めない人がいるのです。

 

便秘茶は便秘改善はあるけど下痢になる?

 

 

安心な便秘茶とは?

安心、安全な便秘茶はあるのでしょうか?
天然素材などで作られていても「妊娠中は控えて下さい」となっていたら、それは安心な便秘茶ではないのです。
安心な便秘茶は大人や子供、妊娠中や授乳中など全ての人が飲めるものなのです。

 

全ての人が飲める便秘茶は、センノシドを含んでいないものです。

 

センノシドを含むセンナやキャンドルブッシュは植物です。体に害はありません。害のあるものは食品に入れる事が出来ません。
センノシドの何が良くないかと言うと、下剤効果の強さです。特に妊娠中に腹痛を起こすと、流産の危険もあると言われています。

 

センノシドは他にも大黄(ダイオウ)という植物にも含まれています。
キャンドルブッシュには別名があり、ゴールデンキャンドルやカッシーア・アラタ、ハネセンナといった名前を持っています。
原材料にセンナやキャンドルブッシュと記載されていなくても、別名で記載されている事があります。

 

センノシドは植物に含まれるので、「100%天然素材」や「天然植物成分」などとなっていても強い下剤効果のセンノシドが入っているのです。

 

 

桑の葉抹茶

どれだけ便秘に効果があっても、腹痛や下痢は辛いものです。

 

センノシドを含まず便秘にそれなりの効果もあって、全ての人が飲めるものはないかと探したところ、ありました。
それは桑の葉抹茶を使ったものです。

 

抹茶というと緑茶が多いですが、緑茶に含まれるカテキンは妊娠中に望ましくない成分なのです。
カテキンは、妊娠中に必要な葉酸の吸収を抑える働きを持っているためです。

 

「スッキリ贅沢抹茶」などは桑の葉抹茶を使っていて、ノンカフェイン、ノンカテキンで誰でも飲める便秘茶です。
センナなどに比べると効果は弱いかもしれませんが、安心して飲める便秘茶です。

 

 

 

 

 

お役に立てましたら、シェアしてください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



美爽煌茶口コミ効果 トップへ