腹痛を起こさないための便秘茶の飲み方とは?

便秘茶を飲んで腹痛が起こる事があります。それは出る状態でない便を強引に出すためです。
(⇒便秘茶による「下痢」は便の未完全が原因

 

また、便を出したいからと便秘茶を飲み過ぎたり、濃くし過ぎる事でも効き過ぎによる腹痛が起こる事があります。

 

ほとんどの便秘茶にはセンノシドという成分を含む植物が使われています。
下剤効果の高い成分なので、効きすぎると腹痛や下痢になってしまうのです。

 

センノシドを含む植物の使用について注意喚起が出されていますが、体に害はないので上手に付き合う事で腹痛を抑え、便秘改善につながります。

 

 

腹痛を起こさないために

便秘茶は便秘に効果があるので、飲み過ぎると腹痛や下痢を起こしますこともあります。
パッケージに記載されている飲む目安は全ての人向けのものなので、自分に合った量や濃さで飲めば腹痛は抑える事が出来ます。

 

便秘茶はほとんどがティーパックになっているので、飲み始めは薄くして様子を見ましょう。
徐々に濃くしていき、腹痛や下痢など辛くない濃さを見つけましょう。

 

販売されている便秘茶のほとんどにセンノシドは含まれています。排便の効果はあるので飲み過ぎに注意しましょう。

 

私もセンノシドを含む美爽煌茶で便秘解消をしていますが、特に注意するのはその濃度です。自分に合った濃度で取り組みましょう。
(⇒美爽煌茶の副作用?「下痢になった」をこうして克服!

 

 

時間も注意する

便秘茶によっては飲んで2〜3時間後などに便意を感じるものがあります。
万が一、出先などで腹痛や下痢になって困らないために、飲んでどれくらいで便意が来るのかも確認しておくといいでしょう。
量、濃さ、時間を確認して上手に使いましょう。

 

 

関連記事

美爽煌茶の口コミと効果@便秘っ子が1ヶ月お試しした結果報告

美爽煌茶の副作用?「下痢になった」をこうして克服!

 

お役に立てましたら、シェアしてください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



美爽煌茶口コミ効果 トップへ